歯科衛生士の資格の情報

HOME | SITEMAP

トップ » 歯科医師のなり方とは

新着情報

歯科大学や歯学部について

歯の治療や口腔ケアを行う歯医者さんになるためには、試験に合格して資格を取得する必要があります。そのために歯科大学もしくは歯学部で専門の勉強をしなければなりません。外科や内科といった他の分野の医師と学習項目が共通している部分も多いのですが、医療行為で使う専門用語からして違うので、学ぶ中で自分に向いていないからと他への転向は出来ません。その場合にはまた大学の受検をし直し医学部へ入学する必要があります。歯科の医師は比較的残業も少なく救急もほぼ無い上に高給なので、受験者は増加していますが合格率は低下しています。

通常の医学部ではなれない

歯科医師は通常の医学部ではなく、歯学部もしくは専門の大学で6年間学ぶことで国家試験の受検資格を満たせます。通常の医学部と解剖学、生理学、病理などの基礎科目の部分は共通して学習することになりますが、臨床科目になると歯学の専門性に沿っている内容の科目が中心となってきます。また他の専門の医師とは法律上の管轄も違います。専門用語も多く、実習においても専門性が非常に高いのが特徴です。内科や外科は移動できますが、歯科は他への変更は途中で出来ませんので、大学受験前にしっかりと将来の自分の医師像を思い描きましょう。